ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 【 ON THE TOWN @ オリックス劇場】

    category:V6(舞台)

回り込み解除

2014年10月18日(土) 19日(日)
ON THETOWN
オリックス劇場




行ってきました。
トニセン3人主演によるブロードウェイミュージカル

IMG_0322_convert_20141023212538.jpg



初の生トニセン。
これまで、剛くん・健くん・岡田くんの3人さんは観たことあったの。
舞台と舞台挨拶で。

なのにトニセンの3人さんは誰一人会った事なくて。
それが一気に観られるという素敵なチャンスでした。

もう、ほんとすっごく楽しみにしていたのー


で感想です。






【一日目】

座席は2階の端っこ。
観やすいっちゃー、観やすい場所でした。

ただなんか・・・
物語りもよくわからず、歌も聴き取りにくくって。
なんかぼーっとする時間が多かった。

あれだけ楽しみにしていたトニセンの3人を観られても、なんだろときめかなくて。

結果、
ミュージカルってやっぱ苦手だ・・・って結論に至ってしまった初日でした。

あ。
ただ、まぁくんは本当に歌がうまいなーというのは思った。
伸びやかで聴き取りやすくて素敵。
イノッチは、もうほんとイノッチ
長野くんは、やわらかいかんじだな~と思いました。



初日がそんな印象だったから・・・そんなに期待というか、思いもないまま迎えた【二日目】

物販がとんでもない事態になってて、
いやただパンフ買いたいだけなんだけど・・と。
二日目は2回公演だったので、1回目の公演のときにパンフだけ購入に並びました。(これがジャニーズか・と思いながら。)
そんで買えたら今度は欲が出てきて(笑)グッズも欲しいと。
休憩時間に並んで買えました♪俺のポーチだけだけど。十分!
ただ、これもダッシュしましたー。
じゃにーずでグッズ買うのって大変だ・・・・



座席は3階。
3階だけれど真ん中だったの。
これがよかった!

前日とは違って、すっごく面白かった。
なんだろ、前日に免疫ついたのかな。慣れたってこともあってか、スムーズに世界に入れたし。
歌も、歌詞も聞き取りやすかった。
前日は女性陣の歌い方が苦手だったんだけれど、今回はものすごくよかった。
シルビアさんの歌声がはんぱなく素敵。

タクシーに乗った長野くんと運転手のシルビアさん。
このやりとりの歌も、昨日はよくわからなかったけれど・・
すっごくわかった!!!!!!!
そしておもしろい!
あー、昨日ほんともったいなかったなぁ・・・。


いのっちの相手役の樹里咲穂さん。
コミカルな動きとかすっごくよかった~。
歌ももちろんお上手だし。
色んな意味でいのっちといいコンビだったと思う!
キュートで可愛い!

この二人での歌、「夢中に~夢中に~♪」がしばらく頭から離れなかった。
夢中に~


そして坂本くんのお相手の真飛 聖さん。
可愛いんだなぁ。
レッスンしているところが一番かわいい。
あの足を上げての発生練習はさすが。
宝塚!!って思った。
まぁくんと並んでもひけをとらない背の高さと凛とした立ち居振る舞い。


それぞれの3人のお相手さんとの恋愛模様もそれぞれで面白かった。
各々が本当にいいコンビで。
ただ、真飛さんは邪魔者が入ったりで、5人でずと真飛さんを探したりしていたから・・・
この5人の動きとかもかわいくて。



ミュージカルの部分。
歌って踊っての部分が最初慣れなかった。
どうにも違和感があって・・
でも二日目は慣れもあったのか座席の関係もあったのか、すっごく普通に観れました。

熊のぬいぐるみ持って踊る姿がかわいかったなー。

そしてですよ・・・

まぁくんの歌。

初めて生で聴いたの。

もう・・・
すごかったーーーーーーーーーー

とても自然でのびやかで、普通に話すように歌っているの。
きばらず無理せず、まるで台詞のように。
ミュージカルってこういうことなんだろうね。

本当に歌が上手いんだなって実感した。
個人的な感想ですが・・・
初めて聴いたとき、うぁ!ってなるくらいなんじゃなく、じわじわすごいの。
気付いたら聴き入っていて、終わったらほぁーってなる。
ちょっと表現は違うかもしれないけれど、剛くんの舞台の時のすごさと同じように感じた。
最初からどーんとすごい!って思うんじゃなく、自然に観ていてその役の人として観ているという感じが。

はぁ・・・

あの歌、もう一回聴きたいよーーーーーーーーーーーーーーー

もっともっと、ずっとずーーーっとまぁくんの歌を聴いていたい。
本当にそう思った。



そして噂の裸体のクネクネダンス。
話の前後も含めてよくわからなかった。
なんでここで脱いで踊っているの?!対決ってなに!?と。

直前に電車でまぁくんは寝ていたので、夢の話なのかなぁ・・・。
そこもよくわからんし、観ているのちょい恥ずかしかったじょ。



そして、いのっち。

いのっちは、いのっちだった!
いい意味で。
面白いし、表現豊かだし。
台詞も聞き取りやすい。
たぶんこの舞台に出ていた人の中で一番聞き取りやすかった。
お友達が、「なんでおでこ見せてるんだろ・・」とおっしゃってたけど、ほんと前髪全部水兵さんの帽子に入れちゃってて(笑)
これは全員なんだけれど、ポスターと全然違う・・・。
でもいのっちは動きもなにもかも、イノッチでした。


長野くん。
長野くんの声って、優しいんだけれどどこかちょっとこもっているところがあって。(ごめんなさい)
でも!歌も聞き取りやすかったしよかったです!
なにより、動きが軽やかだった~。
まるで羽根が生えているかのように、浮いているかのように軽やかで。
身のこなしが軽いんだろうな~と思った。



3階席から観ていて、思ったことがある。
フィギュアスケートみたいだな~って。
表現おかしいかもしれないけれど、なんかそう思った。

踊りながら動いていて、手を広げたり軽やかに踊ったり。
そうやって舞台狭しと動き回っている姿を見たら、スケートしているみたいだなって。


ミュージカル。
苦手だったけれど、大丈夫そうです。

正直なところ、一日目には出なかった感想・・
楽しかったー
ほんと楽しかった。



そして二日目は千秋楽だったので、ご挨拶もありました。

まぁくん。
「まさかこういう格好をするとは思わなかった。
またこの格好が見られるかどうかは・・・みなさんにかかっています。」

ってな感じ。
再演してほしいなーしてほしいなー。
もしくは、DVD発売してほしい。
もしくは、CDでもいい!あの歌を聴かせておくれぇぇぇーーー


長野くん。
「大阪で千秋楽を迎えることができてうれしい」
ごめんなさい、この言葉が嬉しくてほかの言葉忘れちゃったー。
長野くんは大阪でもレギュラー番組あるしね♪


いのっち
「大阪のお客さんののりに助けられてできた。
大阪で千秋楽をむかえることができてよあった」
的なこと。
はぁー。イノッチ!!
明日もあさいちあるもんね、毎日あさいちあるからなかなかゆっくり遠征とかできないね。




ってな具合で、初めての生トニセンでした。

いやー、本当に楽しかったし、楽しそうでした。

楽しそうな人たちを観ているのが一番楽しいもんね。
大好きな人たちが楽しそうだと、それだけでしあわせですもん。


しあわせでした!


関連記事
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

プロフィール

かおり(しおり ともいう。)

Author:かおり(しおり ともいう。)
大阪在住の かおり(しおり) です。

1990年に初めて観てから、劇団☆新感線のファンです。
離れるときもありますが、基本的には大好きです。

2006年からゴスペラーズファンです。
ご贔屓は刈谷のお方です。

2013年からV6のファンです。
ご贔屓はひらぱー兄さんと虫嫌いな料理人です。

松本圭司さんとNAOTOさんも好きです。


そんな私のライブや観劇日記は「はじめまして」にまとめています。

カテゴリー

最近のエントリ

タグ別検索

月別アーカイブ

ゴスリンク

しおりリンク

FC2カウンター

行ったライブ

ブログ内検索

ユーザータグのリスト表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。