ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

読みました。
『モンスター』百田直樹

410zewikn8L__SX230_.jpg


田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。
彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。
周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。
思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた 未帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身を遂げる。
そのとき亡霊のように甦ってきたのは、ひとりの男への、狂おしいまでの情念だった。




百田さんの本、2作目。
気になってた長編で、気になった本を読みました。

美容整形にも興味があるので特におもしろそうだと思って。


これもドラマ化されてたのね。


で、感想です↓







百田さんは資料をものすごく集める方だというのは聞いていた。
きっとこの本もものすごい量の資料を集められたんだろうな。
専門的であり、それでも素人にもわかるように興味が惹かれるように書かれていた。


美容整形を繰り返す主人公。
一度やったら満足することなくなっちゃうということもあるとは知ってた。
でも描写が丁寧なので、あぁそういうことか~と思いました。

ストーリーとはずれますが、
私は美容整形には賛成なのです。(自分はようせんけど)
キレイになることはとてもいいこと。
主人公もそうですが、外見が変わることで内面も変わるのですよね。
いい方へ。明るくなる。
外見を気にしてしまっていると下を向き自信がなく斜に構えたようになっちゃったり・・・
でもそれが外見を変えることによって自信を持ち前を向き歩いていけるならいいじゃない!って。

主人公のように(あえて表現しますが)ちょっとブスっていうレベルじゃない醜い場合。
お金がかかることは触れませんが、手術をして人並みになれるならいいと思う。
だから主人公の行動に偏見もありません。

がー。

まぁ学生のときの犯罪は許されはしないけれどね。
気持ちはわかるけれどでもちょっと。



あと、美人はモテるっていうこともとてもわかった。
美人は性格がいいってことも、主人公を通してとてもよくわかった。
元々これは友達が話していたこともあって、なるほど~って思ってたの。
それに輪をかけてこの主人公の体験が、その通りなんだなってことを知らしめてくれた。

美人を目の前にすると、大学の先生もが変わってしまうのよね。
性格さえよければってことはないんだってわかった。


そんで風俗のこともわかった(笑)
かまととぶるわけじゃないけど、違いがよくわかってなかった部分もあって。


この本には、本音と建前がとてもよくあらわれていたと思う。
主人公には本音の部分が突きつけられるから余計にしんどいんだよね。
普通人間同士の付き合いだと、建前の部分で探り合ったりするんだけれど・・・
主人公のことをどうでもいい・若しくは相手にもしてないしする気もないのでみんな本音を投げつける。
これはしんどいし辛すぎる。




で。
最後は崎村と共にしてほしかったな~
崎村、結構好き。
どの登場人物よりも、本当はとてもいい人で正直でまっすぐな人なんじゃないかな。
人間らしいし、主人公のことをとても理解して同じ側に立ってくれる。



でー。

物語を通して思ったのは、男って・・かな(笑)
でもきっとこれが本音。

わかりやすいくらいの本音。


これじゃ、「年収○○○万円以下なんてないー」とか豪語している女子の方がよっぽど正直でいいと思った。



それにしても、百田さんの本って独特でおもしろいな。

関連記事
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

プロフィール

かおり(しおり ともいう。)

Author:かおり(しおり ともいう。)
大阪在住の かおり(しおり) です。

1990年に初めて観てから、劇団☆新感線のファンです。
離れるときもありますが、基本的には大好きです。

2006年からゴスペラーズファンです。
ご贔屓は刈谷のお方です。

2013年からV6のファンです。
ご贔屓はひらぱー兄さんと虫嫌いな料理人です。

松本圭司さんとNAOTOさんも好きです。


そんな私のライブや観劇日記は「はじめまして」にまとめています。

カテゴリー

最近のエントリ

タグ別検索

月別アーカイブ

ゴスリンク

しおりリンク

FC2カウンター

行ったライブ

ブログ内検索

ユーザータグのリスト表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。