ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 【 鉈切り丸 @ オリックス劇場】

    category:V6(舞台)

回り込み解除

2013年10月12日(土)
いのうえシェイクスピア
鉈切り丸
オリックス劇場



13816628189441.jpg
13816628036740.jpg


観に行ってきました。
主演は森田剛

新感線・・いのうえさんの舞台に剛くんが出られるのは3回目。
なのにわたしは剛くんは初めてでした。



以下、感想です。
ネタバレしてます!!






剛くん、すごい
それが全体を通しての一番の感想かな~


なんというか、登場した時のオーラとか雰囲気とかってのを感じたんじゃなく。
普通にひとりの役者さんでした。

まぁちょっと周りが、剛くんが出てきたら双眼鏡!って感じだったのが正直ちょっと萎えたけど。


台詞の量が半端ない!!
足が悪く引きずって歩くため馬にも乗れず、背中には大きな瘤、顔には痣。
だけど頭と口、頭脳というかずる賢さと弁の立つしゃべりでのし上がって行く男。
なのでよどみなくしゃべるの。
これがすごくって。
一度も噛まずに詰まらずにしゃべり続けてた。


あとで、巴の台詞にもあるんだけど「あなたには華がない」と。
華のない男の役を、華のある人が演じてた。
だからかな、ホント華がなく輝いているとかはなく。
でも不気味な一物抱えた男を見事に演じられてた。

すごいなって思ったのは、台詞をしゃべらないシーン。
周りの人たちが、頼朝や政子やらが策を練ったり話してるシーンにもいるんだけど・・・
しゃべらなくてじっといても、何かを考えている風になってて。
たたずまいが怖かった。



まぁ舞台だし、差別用語がばんばん飛び交う舞台でした。
ここでもその通りしちゃお。

鉈切り丸は、びっこひいてるから歩きにくそうなのね。
背中に瘤でかたわだからずっと身体を丸めているように思える。
瘤を背負ってるんだろうけど、中腰になっているように思える。
剛くん、腰いわすよ・・・と老婆心ながら心配に。
あの歩き方も、びっこひいて歩くと腰にくるし。
きっとこの舞台が終わったらしばらく身体おかしくなるだろうな・・

V6の会報にあった、この役を演じていると気持ち悪いときがあるってのを読んでますます心配に。
心配というか気になる。




それは置いといて。

舞台は、舞台出身の上手い人が多いからホント魅力的でした。


山内さん
なんだろね、山内さんは安心して観ていられる。
蛮幽鬼のときの、いったん座ろうが面白くって。
今回も生瀬さんとお笑い担当でした。
ただ、すんごいスムーズ。するっと入ってくるの。
山内さんの存在感っていいなぁ。


若村さん
わたし、正直・・若村さんがこんなに上手いなんて知らなかったー
あとで知ったんだけど無名塾の方なんだもんね。そりゃ達者だわ。
政子を見事に演じられていました。
お笑いもあったし。器用な方だな~


麻実さん
存在感すごすぎ!声かっこよすぎ!!!
もうたたずまいが素晴らしい。
出てこられるだけで舞台がぴんと張り詰めたようになる。
役柄もあるかもしれないけれど、やはりこの人の役者さんとしてのすごさなんだろうな。


秋山さん
秋山さんは私、2回目。
大好きな朧の森に棲む鬼で初めてで。
なんて素敵でかっこよくて上手な人なんだろうって思ったの。
秋山さんは強くて素敵で。
安心して観ていられます。
特に声が好き!


いっけいさん
いっけいさん好きだわー
腹に一物抱えている役なのね。
生瀬さんに仕えてるってところも、関西小劇場とか知っている者にとっては嬉しい。
それをいのうえさんが演出されてるってところも。
最後のいっけいさんがかっこよくってしびれた。
いっけいさんしかいないとはいえ、もうかっこよくて。
いっけいさんの範頼への台詞で、涙が溢れました。


あと、璃子ちゃんと了くんと健太くん
初舞台の璃子ちゃん、よかったよ~
丁寧に必死に演じられてて違和感なく観ることができました。
頑張っているな~ってことを感じました。
ただ、悲鳴がちょっと苦手。
もうちょいなんとかしてほしいな・・
ホントただそれだけです。
秋山さんに必死についていってる姿がステキでした。
了くんは、蜉蝣峠で観たから2回目。
若者らしくびしびし動いてて、実直さを見事に演じられてた。
そして健太くん。
彼のことあんま知らなかったんだけど、(喰いタンも見てないし)
まだ若いのにいい感じー
声もよく出ているし通る声だし、聞きとりやすい。
健太くんの最後のシーンで最初に泣きました。



そして生瀬さん
いやぁー、やっぱすごいわ。
一瞬にして全員の気持ちを持ってくるのね、お客さんの。
そして笑わせてくれる。すごく軽く。
軽く、すっと笑わせてくれる。
それまでの流れから、とても難しいと思うんだけどスマートなの。
この舞台は本当に残虐だったり難しいし重い。
だけれど、生瀬さんが気持ちをふっと軽くしてくれて緩和剤になってくれている。
さすがです。
嫌味の全くない、器用でスマートな役者さんだな。
さすがです。




最後に森田さん
ドラマも見たことないし、私が知ってるのはV6の剛くん。
でもでも、立派な一人の役者さんでした。
突然しゃべるときの掠れた声も、鳶に話しかける声も、とてもいい。
元々、V6のときの剛くんの声好きだったの。
しゃべる声と歌う声、甘い歌声の時の声とかも。
だけどその声とは全然違う声でした。
聞いたことのない剛くんの声でした。

蛮幽鬼のときの上川隆也さん堺雅人さん。
あと大好きな市川染五郎さん。
この方々も、すごいなって本当に思ったの。
この人たち、とくに染ちゃんは最初出てきた時からどーんとスゴイって思う。
でも森田さんの場合はちょっと違うの。
出てきてしゃべっていても最初はそんなすごいって思わなくって。
徐々に思う感じるの。
それくらいすんなり入っていってるのか狙っているのかそうじゃないのかわからないけど・・

でも、じんわりとくる凄味でした。





前置きが長いですが、物語のこと。

いやぁー、これはキツいな。
ちょっとグロいシーンがあって、苦手だったな・・・
璃子ちゃんを剛くんが・・のとこ。
璃子ちゃんの最期と。これはキツイ。
これ璃子ちゃんもだけど、剛くんが気持ちキツイだろうなーと思った。

これまで観た舞台の中で、一番残酷で残虐でした。
おぇー

男子っぽいなぁと思った。
女子はこれ苦手だよ・・・



シェイクスピアのリチャード三世自体は知らないんだけれど、朧でだいたいわかる。
口八丁でのし上がってくんだけど最後は自滅というか滅びちゃうのね。

だから範頼の最期もわかっていたんだけど辛いな。

途中次々と範頼の魔の手に襲われいなくなって、誰が範頼を終わらせるのか気になった。
この人しかいなかったね、確かに。

その範頼の最期のシーン。
好きだねー、いのうさん、この演出!!
まぁわたしも好きだけどね~。
範頼のこの最期、涙が出てとまらなかったー。
・・・・・いや、一瞬へっこんだ。だって周りが双眼鏡出すんだもん。剛くんの顔見たいのわかるけどさ・・・

でもそれを気にしないことにして、舞台に没頭。
いやー、泣いた。
いっけいさんの叫ぶ最後の台詞に、それを受けての剛くんの台詞に。

うぁーーーーん




あの残虐なシーンさえなかったら、もっと入り込んで見てみたい。
もう一度観に行くことにしておいて本当によかった。
2回目は覚悟して観られるし、そのシーンは2ヶ所あるのもわかったし。

ゲキシネになるのかなぁ~
なるなら観たいな。
DVDになるのかな~。買うな、こりゃ。

でも一つひっかかるのは差別用語。
これって大丈夫だったっけ・・・



新感線、ずいぶん観に行ってますがプレビューを観に行ったのは初めて。
いつも東京公演からだったしね~

プレビューだなって思ったところも何度かあった。
ここは改善されるのかな。
弁慶のシーン。
弁慶の殺陣、一瞬ずーっと構えてて止まっているところがあった。待ってる風に。
あと最後の最後のシーン。
終わりの瞬間がわからなかったという・・・これちょっとしまらんかった。
終わりのはずだけどずっと暗いままなんすけど・・ってなって、パラパラと遠慮がちで合ってる???風な拍手。
剛くんおじぎしててわかった。
ここはちゃんとして欲しい!!


いのうえさんが足早に会場を出てった。
そりゃそうだよね・・・


あとは気付かなかった。
というか十分一公演でした!!





にしても!

本当にすごい舞台だった。

しばらく浸っていたぁーい。


パンフも読みどころたくさん♪



剛くんが、
「最終的にはいのうえさんは自分を信じてくれる」って言ってて。
新感線に出て舞台に出て、変わったって自分でも語ってるのも感慨深い。

いのうえさんや蜷川さん宮本亜門さんに呼ばれる剛くんすごいってよく言われてるけど、
私は、いのうえさんの舞台に出てくれる剛くんがすごいって思うよ。
いのうえさんの演出を受けてくれてる写真とか映像見たら・・
新感線も、いのうえさんもここまで来たかーって思う。なんとなく。






って・・・・

長っ!!!!!!!!!!!!!!!!!!


わたしいつも、舞台の感想・・・
長っ!!!!!!!!!!!!!!




**********************************

須賀健太くんがツイッターで、
感想教えてください~
感想待ってます。
って書いてたから、送ってみた。

ら・・・

ご自身のお気に入りに入れてくれて、
リツイートしてくれて、
お返事までくださった。

嬉しいーーーーー
めっちゃええ子やーーーーーーー



感想でお返事いただけたの私だけみたいで・・
喜んでいただけたみたい。
本当に素直に思った感想なんだよー。




関連記事
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

プロフィール

かおり(しおり ともいう。)

Author:かおり(しおり ともいう。)
大阪在住の かおり(しおり) です。

1990年に初めて観てから、劇団☆新感線のファンです。
離れるときもありますが、基本的には大好きです。

2006年からゴスペラーズファンです。
ご贔屓は刈谷のお方です。

2013年からV6のファンです。
ご贔屓はひらぱー兄さんと虫嫌いな料理人です。

松本圭司さんとNAOTOさんも好きです。


そんな私のライブや観劇日記は「はじめまして」にまとめています。

カテゴリー

最近のエントリ

タグ別検索

月別アーカイブ

ゴスリンク

しおりリンク

FC2カウンター

行ったライブ

ブログ内検索

ユーザータグのリスト表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。