ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 『レインツリーの国』

    category:読んだ本

回り込み解除

読みました。

『レインツリーの国』有川浩


412RPK8W7GL__SS500_.jpg


きっかけは「忘れられない本」。
そこから始まったメールの交換。
共通の趣味を持つ二人が接近するのに、それほど時間はかからなかった。
まして、ネット内時間は流れが速い。
僕は、あっという間に、どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。
だが、彼女はどうしても会えないと言う。
かたくなに会うのを拒む彼女には、そう主張せざるを得ない、ある理由があった――。





これは図書館内乱の中の、恋の障害に出てくる本なのですよね。




で、感想です。







この本は、図書館内乱で毬江ちゃんと小牧教官に降りかかった災難というか因縁の元となった本。
小牧教官が毬江ちゃんに薦めた本。
それは毬江ちゃんと同じく、耳に障害を抱えた女の子がヒロインの物語。

毬江ちゃんが小牧さんに「わたしのことだと思っていい?」と聞いたのがわかる。
小牧教官が毬江ちゃんに薦めた理由も。

そんでもって、濡れ衣をかぶせた良化委員の的外れもわかるんだけれど、そこにつけ込む理由というか種はあると感じました。
もちろん的外れだし、理由浸けるためでありってのはわかるんだけれど。
でもだからって隙はあるんですよね。
隙という言い方は合ってないな、隙じゃなく・・・ウマく表現できない。


それはそれとして。



レインツリーの国の話。

この書き方、物語の進め方、斬新だな~って思いました。
一つの本の感想から始まる交流~恋愛。


確かに、同じように感じてくれる人がいると話しも合うし嬉しい。
逆に、好きな人と感じ方が違ったらイヤというかアレ?!って思うもの。(わたしは)

だから、同じ人を好きな人とかとだと話しも合うし話していて楽しいしどんどん話したい。
それが好きだったり思い入れのある本(この本の場合は本なので本とする)だとなおのこと。
伸もひとみも嬉しかっただろうし楽しかっただろうなと思った。


幸い私には今、大好きな図書館戦争を同じように大好きでいてくれるお友達がいて・・・
その人とキャーキャー言い合えるのが本当に楽しくて嬉しい。
それと、大好きなゴスペラーズの事も同じように大好きな友達たちと一緒に話しているのが楽しい。
ゴスペラーズだけじゃなく、まっちゃんやNAOTOのことも。
そうして話して言葉にしていくうちに好きなのが確信になりますます好きになっている感じがする。
新感線好きが続いたのも、一緒に行ったり話したりする友達がいたからかもしれない。


だからこそ、伸とひとみが惹かれあうのもよくわかるし、いいなぁと羨ましい。


それと、障害の部分。

伸の障害を持っている人への感情や対応、とてもよくわかる。
そんなことで俺が離れると思うのか?って部分も。

けど、ひとみの感情もわかる。
最初は卑屈になっているだけじゃ?って思ったりもしたけれど、やっぱ現実なんだと思って。

当事者、相手。
その両方からの感情や諸々な部分が会話という形で丁寧に描かれていて。
すごいな~と思いました。
どっち寄りにもなっておらず。ただ淡々と会話という形で。



伸のまっすぐな言葉に涙がでた部分もありました。


聾唖と難聴、中途失聴の違いなどは知らない部分だったのでなるほど~と読みました。
それぞれの立場から、同じ障害者としてくくってくれるなってとことかはとてもよくわかる。
聞こえる立場でも、色々だものね。



あと、あとがきに救われた気がする。



有川さんの
『障害者の恋』ではなく『恋愛の話』だという部分。



ぐいぐい読める作品でした。
あっという間、1日で読んじゃいました。






関連記事
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

プロフィール

かおり(しおり ともいう。)

Author:かおり(しおり ともいう。)
大阪在住の かおり(しおり) です。

1990年に初めて観てから、劇団☆新感線のファンです。
離れるときもありますが、基本的には大好きです。

2006年からゴスペラーズファンです。
ご贔屓は刈谷のお方です。

2013年からV6のファンです。
ご贔屓はひらぱー兄さんと虫嫌いな料理人です。

松本圭司さんとNAOTOさんも好きです。


そんな私のライブや観劇日記は「はじめまして」にまとめています。

カテゴリー

最近のエントリ

タグ別検索

月別アーカイブ

ゴスリンク

しおりリンク

FC2カウンター

行ったライブ

ブログ内検索

ユーザータグのリスト表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。