ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 『図書館危機 図書館戦争シリーズ③』

    category:読んだ本

回り込み解除

読みました。

『図書館危機 図書館戦争シリーズ③』有川浩

coverImage_42452_convert_20130612144102.jpg


正化32年の秋、同期の手塚光の兄から「王子様」の正体を告げられ、郁はどうしていいかわからなくなり……。
一方、玄田竜助隊長のもとには、『週刊新世相』記者・折口マキから出版事情の相談が来ていた。




思いもよらぬ形で憧れの“王子様”の正体を知ってしまった郁は完全にぎこちない態度。
そんな中、ある人気俳優のインタビューが、図書隊そして世間を巻き込む大問題に発展。
加えて、地方の美術展で最優秀作品となった“自由”をテーマにした絵画が検閲・没収の危機に。郁の所属する特殊部隊も警護作戦に参加することになったが!?
表現の自由をめぐる攻防がますますヒートアップ、ついでも恋も…!?
危機また危機のシリーズ第3弾。











王子様の正体を知ってしまった郁。
慧からの手紙を奪おうとする堂上教官と郁と、いらんことを言っちゃう手塚と諭す小牧教官。
この4人がごちゃごちゃなってるところが面白かった。
脳震盪おこしちゃう堂上教官。

郁を慰める小牧教官が優しくて素敵だったな~。
お互いの気持ちをわかってる小牧教官、だからこそ堂上の気持ちもわかって欲しいし・・・と思える言葉も。
いやぁ、やっぱこの2人の教官は本当に素敵だ。
2人の友情も信頼度も。



王子様卒業宣言もよかったな。
上戸が最上級にきちゃったみたいだけれど、立派だよ~、郁。




昇任試験。
手塚に協力する柴崎。
このあたりからなお一層絆が深まってる気がした。 
独創性があって、実技ではトップの郁を堂上教官が思いにふけるところがよかったな。



折口さんの、床屋さんの。
玄田隊長の突拍子もないアイデアが素晴らしかった。
会いたくなる気持ちもわかった。

おじいちゃんが良化委員を訴えた時、喜んで泣いてしまった郁。
慧に言われたことを言ったら怒る堂上教官にキュンときました。
きゅんきゅんポイントです!!!!!!!!!





そして里帰り(?)
ここはきつかったな~
茨城の図書隊にイジメられる郁。
コインランドリーの件は一緒に泣きそうになった。
でもここでも頼れる堂上教官は素敵。

それと何より玄田隊長。
あれだけ撃たれて・・・


ここで思ったことがある。
一枚の絵画を守るために、人が死なないといけないのだろうか。
玄田隊長は死ななかったけれど、死んでもおかしくない状況。

こんなことってあるんだろうか。

日本じゃありえない。考えられない。


・・・・そうかな・・??

と一人で葛藤。

でもきっと、どこかの国で起きている戦争も元をただせばこんなくらいのことかもしれないな~って思った。



だって、良化法だって・・
架空の法律でありえないっぽいけど、実際似たような設定というか制限はあるもの。


どんどんと、良化隊の攻撃、図書隊の防衛・・戦争が激しくなってきている気がした。




関連記事
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

プロフィール

かおり(しおり ともいう。)

Author:かおり(しおり ともいう。)
大阪在住の かおり(しおり) です。

1990年に初めて観てから、劇団☆新感線のファンです。
離れるときもありますが、基本的には大好きです。

2006年からゴスペラーズファンです。
ご贔屓は刈谷のお方です。

2013年からV6のファンです。
ご贔屓はひらぱー兄さんと虫嫌いな料理人です。

松本圭司さんとNAOTOさんも好きです。


そんな私のライブや観劇日記は「はじめまして」にまとめています。

カテゴリー

最近のエントリ

タグ別検索

月別アーカイブ

ゴスリンク

しおりリンク

FC2カウンター

行ったライブ

ブログ内検索

ユーザータグのリスト表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。