ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 『図書館戦争シリーズ』

    category:読んだ本

回り込み解除

めっちゃハマっている本。

『図書館戦争』有川浩

61npb0oxjdL__SS500_.jpg



いやぁ~
もう、大好きです



2019年(正化31年)。
公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。
高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。
名は笠原郁。
不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが…!?
番外編も収録した本と恋の極上エンタテインメント、スタート。





ビックリするくらいハマりました。

これまで読んだ中で、一番ハマった本かもしれない。
そんで、これまで読んだ中で一番好きな人物がこの中に出てらっしゃる。


堂上篤



ほぇ~



って、ニマニマしたりキュンキュンしたりですが、
もちろんそれだけじゃないんです。

ただの恋愛小説ならばこんなにハマっていないし読んでない。







ストーリーがね。


メディア良化法が施行された世界。

あらゆる書物に検閲が入る。
検閲にひっかかったものは全て廃棄処分。



ストーリーにも出てくるんだけれど、
猟奇殺人を犯した少年が好んで読んでいた本があって。
こういう本があるからこういう犯罪が出てくるんだという風潮になる。
これは現在の日本でもある風潮だと思う。

ここまではありえたけれど、
1枚の絵画を守るための戦争。
作家を守るための戦争。
これは、現在の日本ではありえないと思ってた。
だけれど似たようなことはあるのかもしれない。


絵画や作家の自由を奪う、今世界のどこかでも同じように自由に表現できない国もある。
それに、世界で起きている戦争も発端は同じようなものなのではないかと

そんな風に思った。




リアリティーもあるし読み進む。
そのうえ、登場人物がどの人も魅力的で。


中でも、もちろん堂上教官がかっこよすぎる。
大好き


「あほか、貴様!」ってどつかれたい。
頭くしゃくしゃされたい。

・・・・あぁ完全に病気ですpen1_43.gif




堂上と笠原がもう素敵というか、もたもたあたふたしちゃってるところがすんごく好き。
きゅんきゅんするの。
もう、





きゅんきゅんするのー




はぁ。


実はこの2人が好きすぎて、流し読みしていた部分もある。
この本にも出てくるんだけど、キャラ読み。
(キャラ読みという言葉をこの本で初めて知った)

だから今度もうちょっとしっかりと読み返したい。
手塚慧の考えとかちょっと流し読みしちゃってたから。




はぁ~


いまわたし、
好きなタイプの男性は?と聞かれると

堂上教官です!!

と間違いなく答えるな・・・



だってかっこいいんだもんーーーーーーー(もういい)






有川さんの訴えたいことや気持ちがとてもこもっている気がする。
本が焼かれ、読むことを禁じられる。
本を読む自由。

本を守るって、本当にすごい。
王子様の言ってた「万引きの汚名をかぶってまで守ろうとした本」ってところが泣ける。


自由に本を読むことができてよかった。




関連記事
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

プロフィール

かおり(しおり ともいう。)

Author:かおり(しおり ともいう。)
大阪在住の かおり(しおり) です。

1990年に初めて観てから、劇団☆新感線のファンです。
離れるときもありますが、基本的には大好きです。

2006年からゴスペラーズファンです。
ご贔屓は刈谷のお方です。

2013年からV6のファンです。
ご贔屓はひらぱー兄さんと虫嫌いな料理人です。

松本圭司さんとNAOTOさんも好きです。


そんな私のライブや観劇日記は「はじめまして」にまとめています。

カテゴリー

最近のエントリ

タグ別検索

月別アーカイブ

ゴスリンク

しおりリンク

FC2カウンター

行ったライブ

ブログ内検索

ユーザータグのリスト表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。