ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 『プリンセス・トヨトミ』

    category:読んだ本

回り込み解除

読みました。
『プリンセス・トヨトミ』万城目学

51jddDAU+BL__SX230_.jpg




このことは誰も知らない。
五月末日の木曜日、午後四時のことである。
大阪が全停止した。
長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だった―。
前代未聞、驚天動地のエンターテインメント、始動。




映画は観ていません。
でもまぁ撮影場所が大阪ってことで、やたらと大阪でのロケとかがテレビでやっていました。
本を読んでいくにつれ、あぁこのシーンか~って思うようになりました。


※おもしろかった度
★★★★☆

※親近感度
★★★★★

※読みやすかった度
★★★☆☆






話しの進み方が、会計院の方々と中学生2人のと各々進んでいくところが面白く読みやすかった。

会計院の3人のキャラクターがしっかりしていたのも面白かったな。
綾瀬はるかちゃんが背の高いモデル風の???と思ったらやっぱ映画化はキャスト変わってたのね。
そうだよね~


中学生2人の話もとても読みやすく興味深かった。
茶子ちゃんがかわいいな。
大輔を守ってる姿とか。
大輔も信念を貫こうとするも凹んだり諦めようとしたり、それでも諦めずにいたりっていう心の葛藤もよかった。



大阪国、むりやりだろーってところもあってちょっと最後のほうはどうかなって思ったけれど。

でもでも。
父親を亡くした男子のみ、ってところがグッときた。
集まったとき、親父の言ってたことは本当だったんだと思うこと。
亡くなった父親に、死期が近い父親から教えてもらうなんて伝統というかその風習はすごいなと思いました。

何故信じるのか、それは父親の言葉ってところにじんわりきました。

そして女はそれを知ってるけれど知らないふりをしているってのもいいなぁと思った。
そりゃ電車も町中が全て大阪城に向かっているなんて異様だものね。

最後の、蜂須賀のお父さんの言葉、
オレが死んだときにコイツがしたことを後悔するだろうって。
これが泣きそうになった。


とても面白かった。

途中の説明とかがちょっとうんざりして流し読みしいたけれど、でもでも楽しかったぞ。


この人の本読みやすいな。
もうちょっと探してみよー。





関連記事
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

プロフィール

かおり(しおり ともいう。)

Author:かおり(しおり ともいう。)
大阪在住の かおり(しおり) です。

1990年に初めて観てから、劇団☆新感線のファンです。
離れるときもありますが、基本的には大好きです。

2006年からゴスペラーズファンです。
ご贔屓は刈谷のお方です。

2013年からV6のファンです。
ご贔屓はひらぱー兄さんと虫嫌いな料理人です。

松本圭司さんとNAOTOさんも好きです。


そんな私のライブや観劇日記は「はじめまして」にまとめています。

カテゴリー

最近のエントリ

タグ別検索

月別アーカイブ

ゴスリンク

しおりリンク

FC2カウンター

行ったライブ

ブログ内検索

ユーザータグのリスト表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。