ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

買いました♪ハモリズム。

全曲聴いて、それぞれの率直な感想を書いとこー。

きっと不快に思われる方もおられるでしょう。
オマエ、ほんまにファンか!と思われる方もおられるでしょう。
先に謝っとこ。すみません。


でも。
とりあえず最初の私の感想です。


ずっと聴き続けて、ライブで聴けるとまた感想も変わっていくと思います。










01. NEVER STOP
02. 愛のシューティング・スター

すんません。
シングルなので割愛ー。



03. BLUE BIRDLAND

一番楽しみにしていたかもしれません。
きゅーんちゃんのときも、短い時間だったけれど必死で聴いたので出だしだけはわかっていたけれど、
ジャズっぽい!
まっちゃんっぽい!とかは感じませんでしたが、ジャズだな~と。

でも、必死でピアノの音を探している自分がいました。
あ!この弾き方!!と思う部分もあって嬉しかった~。

かなり好きな曲です。
(ピアノうんぬんを差し引いても)



04. なんどでも

うぉー!くろぽんっぽいな~と思いました。
Love Anthemに入っていてもおかしくない感じ。
しっとりと、全てくろぽんのリードでピッタリだな~と思った。
かなり好きな曲です。
ってそればっかだけど。



05. Shall we dance?

ありがたいことに、ライブで散々聴けたからね~。
アルバムとして聴くと、ちょっとおとなしく感じました。
ライブで先に聴いているとそうなるんだろうな。



06. Oh Girl

これまた、安岡さんっぽい!!
これも全部安岡さんリードでいい感じだと思う♪



07. 見つめられない

えー。ごめんなさい。
最初の出だしのときの酒井さんの声があんまり好きくないんです・・・
この曲は、てっちゃんがすごくステキ。
酒井さんの語りのすぐ後のてっちゃんの声が、これまでのとは違って聞こえてきゅんとしました。

えー、
語りの部分の酒井さんの声は、二枚目声だな~と思いました。
酒井さんであって酒井さんじゃないみたい。
号外では、「俳句のナレーションで・・」とあったけれど、確かにそうなのかもしれないな。(エラソー)

余談ですが、先日ぷいぷいで西さんがDTのまっちゃんにインタビューしてるのを見た。
まっちゃん、あんなキャラクターだけれど親子の愛を描いた(さや侍)を撮ったことについて、
「もう照れなくてもいいのかなと思った」
とおっしゃってた。すごく印象的だったの。
それと同じ感じなのかな?酒井さん。
ってカンジーーーー。


(結局ここが一番長くなっちゃう・・・)



08. 恋のプールサイド

好き!こういう曲、単純に好き!!
なんか懐かしい感じもするし新しい感じもする。
いいな~、好きだ!!



09. 明日

めっちゃ北山さんっぽいな~と思った。
つくづく思った。



10. 冬響

シングルなので割愛^^



11. Dreamin'

いいなぁ~
なんかいいなぁ~。
前を向いて歩いて行く力をもらえるというか、一緒に歩いてくれているような曲!
そばにいて、一緒に歩いてくれているような。

最後の曲だけれど、これから先も続いていくと確信できるような曲でいい終わり方だな~と思いました。




確かに色んな曲調のあるバラエティーに富んだ曲たちで新鮮に聴くことができました。
やっぱアルバムっていいなぁ~とつくづく思った。

新しい曲をたくさん聴けるこの感じ、なんとなく・・・Be as One以来な気になっちゃった。


酒井さんが作られた曲って、
酒井さんと黒沢さんがリードってことが多い気がする。



勝手なこと並べてしまいました。
お気を悪くされた方がいらっしゃいましたらすみません。


あした、どの曲か聴けるかな~。



関連記事

プロフィール

かおり(しおり ともいう。)

Author:かおり(しおり ともいう。)
大阪在住の かおり(しおり) です。

1990年に初めて観てから、劇団☆新感線のファンです。
離れるときもありますが、基本的には大好きです。

2006年からゴスペラーズファンです。
ご贔屓は刈谷のお方です。

2013年からV6のファンです。
ご贔屓はひらぱー兄さんと虫嫌いな料理人です。

松本圭司さんとNAOTOさんも好きです。


そんな私のライブや観劇日記は「はじめまして」にまとめています。

カテゴリー

最近のエントリ

タグ別検索

月別アーカイブ

ゴスリンク

しおりリンク

FC2カウンター

行ったライブ

ブログ内検索

ユーザータグのリスト表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。