ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

これからしばらくは、ゴスの話題でもちきりになると思います。
このブログ・・・(笑)
だからいまのうちに違う事を。。

フラゲしてきた1,2,3 for 5を聴くのもあとにして読みふけっていたのはコチラ。

『螺鈿迷宮』海堂 尊
31811540.jpg




この病院は、あまりにも、人が死にすぎる――
日本の医療界を震撼させた「バチスタ・スキャンダル」から一年半。
その舞台となった東城大学に医学生として通う天馬は、留年を繰り返し既に医学の道をリタイア寸前だった。
ある日、幼なじみの新聞記者・葉子から、碧翠院桜宮病院に潜入できないかと依頼を受ける。
東城大学の近隣病院である桜宮病院は、老人介護センター、ホスピス施設と寺院を一体化させた複合型病院であり、終末医療の最先端施設としてメディアの注目を集めていた。
しかし、その経営には黒い噂が絶えないという。
天馬は葉子の依頼を受け、看護ボランティアとして桜宮病院に通い始める。
そのうちに、奇妙な皮膚科医・白鳥と看護師・姫宮と出会うことになり……。




終末期医療は、仕事柄大変興味深いです。
色んな意味で・・・
でもちょっと、難しかったかもー。
だんだんわからなくなってしまって・・・

スポンサーサイト
  • 『ナイチンゲールの沈黙』

    category:読んだ本

回り込み解除

読みました~
31783334.jpg
『ナイチンゲールの沈黙』

チームバチスタの田口・白鳥コンビの第2弾ということで・・・
楽しみにしていました。

同時に予約した、第3弾である『ジェネラルルージュの凱旋』を先に読んだ上でのこの本でした。

アマゾンやらで感想とかを読んで、ナイチンゲールと、ジェネラルルージュは同時期のものだというのは知っていたんですが・・・



私の感想です。

  • 『ジェネラル・ルージュの凱旋』

    category:読んだ本

回り込み解除

昨日・・というか今朝まで読みふけっていたのはこの本。

『ジェネラル・ルージュの凱旋』

31873359.jpg

桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。
それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという、匿名の内部告発文書だった。
病院長・高階から依頼を受けた田口は事実の調査に乗り出すが、倫理問題審査会(エシックス・コミティ)委員長・沼田による嫌味な介入や、ドジな新人看護師・姫宮と厚生労働省の“火喰い鳥”白鳥の登場で、さらに複雑な事態に突入していく。
将軍(ジェネラル・ルージュ)の異名をとる速水の悲願、桜宮市へのドクター・ヘリ導入を目前にして速水は病院を追われてしまうのか…。
そして、さらなる大惨事が桜宮市と病院を直撃する




******


『チーム・バチスタの栄光』の、海堂尊先生の本です。
チーム・バチスタを読み終えたとき、田口・白鳥コンビがシリーズ化されていることを知りました。
速攻図書館に予約して、ようやく順番が回ってきたのはコチラでした。
(ジェネラル・ルージュは3作目。ナイチンゲールの沈黙が2作目だったんだけど。。)


読み出してすぐ、田口先生が出てきたとき・・・伊藤くんが出てきました。
しかし原作は40代なんですよね~
なんとなーく違和感はありながらも、読み続けました。

数日にかかって読んでいってた昨日。
こんなニュースが・・・


『チーム・バチスタ再び!竹内・阿部コンビ!』というニュース。
ありまー
映画の方が続編あるんだ~
とか思ってたら!
その続編は、この『ジェネラル・ルージュの凱旋』でした。

でたよ・・

しかも速水先生が、堺雅人さんだと!
なんですとー(`Д´)
堺雅人好きなんだよ~
だけどね・・・
イメージは違うのです。。。
私の中では~伊原さんかなー♪
って桐生先生やないかい!!(一人ツッコミ)


最初は、映画化にうんざりしてました。
まただよ・・って。
だけど、、
読み終えたら感想が変わりました。

それは、”是非映画化でもなんでもいいから訴えてほしい”って。
映画化賛成!
私はやっぱ見ないけど、でも映画化になって・・・映画を見る人がいて。
映画化されたから、どんなだろ~って原作を読む人が増えたらいいなって思った。

だってこれ、現実だと思うもの。。
医療の理想と現実。
の、現実。
それ以上はネタバレになるから下に隠しますけど・・・


ついでにチョット・・長くなりますが。
って、今でも十分長いやんけー(`Д´)(一人ツッコミ)

私はあまり、作家さんには先生との称号はつかいません。
なんでもかんでも先生っていう風潮は好きじゃないから。
テレビに出てる人が、弟子でもないのに師匠って呼んでるのがどうも好きじゃない。
それはいいとして・・・
私が先生って思うのは、何かを教えている人、、教師とか習い事の先生とか。
あと、お医者さまです。
この作者の方は、現役の医師なので海堂先生と書いてます。


海堂先生が何をおっしゃりたいのか、とてもよくわかる作品です。
チームバチスタのときもそうだったけど。。
ドラマでは結構、バラの花とかのミステリーや犯人探しの方に重きを置いてる気がしますが、私は本を読んだときには氷室先生の苦悩の方がとても印象に残っています。


医療って、、
理想と現実だなーって思います。

私は職場で、施設の併設診療所の医療事務もチョコッとかじっているので・・
端っこの端っこ、1ミリくらいですが医療に携わっています。

いつも矛盾を感じて、なんで?って思うことだらけ。

経営難・・・なるよ、これじゃぁ。
テレビのニュースでやってたけど、ある市の市立病院が今年度で閉鎖されるって。
そんなのばっか。
病院がどんどん閉鎖されていっている今。。
もうすぐ、閉鎖されてしまう診療所が出てくるかもしれないって危惧、世間じゃ知られていないものね・・・
これ、とっても深刻な問題なんです。

2011年、診療報酬明細書(レセプト)がオンライン請求が義務化されます。

オンライン請求ができるレセコンにバージョンアップしなければなりません。
元々それができるレセコンを使っている診療所なんてほとんどないと思うので・・・
うちもそうでした。
多額の費用をかけて、バージョンパップしました。
そう・・・
この、義務化されたオンライン請求に対応できるレセコンを導入する費用、、全て医療機関持ちなんです。
助成も補助金もありません・・・・

だから、オンラインが義務化されたら診療所を閉めるっていってる先生もおられるそうです。
うちのDrが言ってました。

閉めるって、いたしかたないかと思う。
だってただでさえ厳しい医療業界。
医療を提供したくても出来ない現状なんですよね・・・

はっ!内輪を暴露しすぎた!?
でも、レセプトオンライン化って検索かけたらもっと色々出てきたから、
これくらいならここに書いてもいいか・・・



と、自分を納得させてっと~
ジェネラル・ルージュの凱旋の感想ですが・・・



↓結末やネタバレ書いています。
本を読もうかなって思っている方、映画観ようかなって思っている方は読まないでくださいねー。

  • 『チーム・バチスタの栄光』

    category:読んだ本

回り込み解除

31652235.jpg

読みました~
映画になって、気になったので原作を読みました♪
ワタシ、そういうちょっとひねくれたタイプなんです(笑)


映画は、阿部寛と竹内結子がメインとは知ってた。
原作は男性の主人公が、映画では女性(竹内)とも知ってた。

だけど・・・
阿部寛は、てっきり桐生先生だと思っていたから・・・
まさか白鳥の役だとは思っていなかった

読みながらなんとな~く桐生先生は阿部ちゃんを想像してたのに・・・
桐生先生は吉川晃司って!!!
んん~

鳴海先生は、池内博之かぁ~
これもちょっと違うような気が・・・
だって、若すぎー!


それからやたら専門用語が出てくるな~と思っていたら、原作者の方は医師なんですね。
お医者さんで小説を書かれるってすごいな。
そんなヒマいつあるんだろとか思っちゃう


それはさておき、感想ですが・・・

プロフィール

かおり(しおり ともいう。)

Author:かおり(しおり ともいう。)
大阪在住の かおり(しおり) です。

1990年に初めて観てから、劇団☆新感線のファンです。
離れるときもありますが、基本的には大好きです。

2006年からゴスペラーズファンです。
ご贔屓は刈谷のお方です。

2013年からV6のファンです。
ご贔屓はひらぱー兄さんと虫嫌いな料理人です。

松本圭司さんとNAOTOさんも好きです。


そんな私のライブや観劇日記は「はじめまして」にまとめています。

カテゴリー

最近のエントリ

タグ別検索

月別アーカイブ

ゴスリンク

しおりリンク

FC2カウンター

行ったライブ

ブログ内検索

ユーザータグのリスト表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。