ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

最近、読もうと思って図書館から借りてきたらもう読んだ本だった。
ってことが多いので・・・

とりあえず、ちまちまとヒマにまかせて整理していこうと思います。
なので今更ながらもありますが、感想を書いていきます。


31174184.jpg

【姫椿】浅田次郎


こちらは、短編集です。
なので比較的読みやすいかもしれませんなー。

この中に入っている、「シエ」という作品が大好きです。
もう、涙がとまりません。
シエについてだけですが、感想は・・・


とにかく、泣けます。
涙がホントとまりません。

私にとっては、泣きの浅田次郎ですが、これもその中のひとつ。


この作品が宝物のように思えています。
自分にとっては、あらすじを書くまでもないので書きませんが・・

あまぞんによると、

忘れないで、誰かがあなたを見守っている
ペットに死なれた独身OL、不況で死に場所を探す経営者、妻に先立たれた大学教師……。凍てついた心を優しく包む八つの物語──




ホントその通りです。
心がとっても優しく、じんわりときます。
浅田次郎さんの本は魂にきます。


この本は最初は借りて読んだんですが、
あまりにも大好きなので大切にしてくて、購入しました。

私の本棚に入っている本です


スポンサーサイト
  • 『椿山課長の七日間』

    category:読んだ本

回り込み解除

2005/9/22


私が今まで読んだ本の中で一番泣いた本です。
浅田次郎さんの『椿山課長の七日間』


元々浅田次郎さんのファンだった私は図書館で、
あまりに変わったタイトルにつられ借りたのですが・・・

私にとって、”泣きの浅田次郎でしたが、
こればっかりは号泣!?しました。
涙が出るなんてもんじゃなく、しゃくりあげて泣きました。


なんであんな泣いたんだろう。



まぁ、賛否両論あるんでしょうが、私自身にとっては
最高に涙の作品です。


それがこの前本屋さんに行ったときに、文庫本で売られていました。
迷わず買いました。

実は私、本が好きといいながらあまり買いません。
図書館を愛用しているんです。
大阪市の図書館はインターネットでも予約できるし、
順番が回ってくればメールで知らせてくれるし。

引越し先の市は、そこまでないですが、貸し出し期間が3週間なんです。8冊まで。

もう、借りまくりです。

そして、心に残った本、何度も読みたい本は
本屋さんで買います。

今借りてきた本が読み終われば、また「椿山課長の七日間」を読み、泣きじゃくるでしょう(^。^;)

プロフィール

かおり(しおり ともいう。)

Author:かおり(しおり ともいう。)
大阪在住の かおり(しおり) です。

1990年に初めて観てから、劇団☆新感線のファンです。
離れるときもありますが、基本的には大好きです。

2006年からゴスペラーズファンです。
ご贔屓は刈谷のお方です。

2013年からV6のファンです。
ご贔屓はひらぱー兄さんと虫嫌いな料理人です。

松本圭司さんとNAOTOさんも好きです。


そんな私のライブや観劇日記は「はじめまして」にまとめています。

カテゴリー

最近のエントリ

タグ別検索

月別アーカイブ

ゴスリンク

しおりリンク

FC2カウンター

行ったライブ

ブログ内検索

ユーザータグのリスト表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。